心の自由 解放区

NLPマスタープラクティショナー西口と、心を自由に開放する旅へ出かけましょう
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
ありがとう、ありがとう、ありがとう
ブログランキングに登録しています
より多くの人たちの心を解放できればと思い、ランキングに掲載してもらっています。
ランキングでは、西口も非常に参考としているブログが満載です!

(老舗中の老舗ランキングサイトで、登録数No.1です)

(ビジネス系ブログのランキング、強豪が多いです)

(強力な検索エンジン、集計間隔が週ごとは珍しいです)

(ジャンル設定のセンスがお気に入りです)

(まだ若いサイトですので、今後に期待!)

ブログ ランキングナビ
(総合ランキングサイト、ここの情報量は凄い)
RECOMMEND
こころのエンジンに火をつける 魔法の質問
こころのエンジンに火をつける 魔法の質問 (JUGEMレビュー »)
マツダ ミヒロ
何か困った事があれば、この本が答えを得るキッカケ与えてくれます。パワフルな1冊です!
RECOMMEND
「原因」と「結果」の法則 ベーシック版
「原因」と「結果」の法則 ベーシック版 (JUGEMレビュー »)
ジェームズ アレン, James Allen, 坂本 貢一
全ての事実は起こるべくして起こっている。そして現実とは何か。不変の法則と呼ばれるに相応しい内容です。
RECOMMEND
おりこうさん おばかさんのお金の使い方
おりこうさん おばかさんのお金の使い方 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎
非常に身近な例から、お金の本質を簡単に学ぶことができます。こういう事を学校で教えて欲しいと切に願います。
RECOMMEND
この気持ち伝えたい
この気持ち伝えたい (JUGEMレビュー »)
伊藤 守
コミュニケーションの書籍の中では、世代・性別を問わず受け入れられると断言できます。明快なのに、非常に深い。しかも絵本なのに!
RECOMMEND
きっと、よくなる!
きっと、よくなる! (JUGEMレビュー »)
本田 健
電車の中にも関わらず、泣いてしまいました。沢山の勇気と励ましと感動を与えてくれた1冊です。
RECOMMEND
こころの対話 25のルール
こころの対話 25のルール (JUGEMレビュー »)
伊藤 守
人の話を聞く、という原理原則を教えてくれました。コミュニケーションでお悩みの方は、この1冊で殆どが解決されてしまいます。
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
ジーニアスコード
ジーニアスコードの受講を検討中。

が、如何せんNLPで11月までギッシリ予定が詰まっている。
(再受講と、エグゼクティブパッケージ2006)

うーん、ホームスタディかなぁー・・・。

講座に参加した方が良いんでしょうね。

しかし、ホームスタディの差額で受講できるのなら、購入しようかな。

どうなんでしょ??


フォトリーディングでのインプットを効率良くアウトプットしたいし。

マインドマップはどうも左脳さんが立ち上がるような印象です。

右脳で処理された情報を、右脳でアウトプットできればスゲーじゃん。


どうなんでしょ??
色々と試行錯誤
最近mixiにシフトしちゃいました。

と言っても、ここでは比較的大きなネタを書く訳ですが。
なので、mixiは小ネタが多いです。

深さ的にはブログもmixiも変わりませんけどね。

そういう意味では、ブログは丁寧に書いているかも。
(と、そう本人が思い込んでいるだけっぽいですが)

などと、言い訳はこれぐらいにしておいて、と・・・。

続きを読む >>
楽しい自己解決
自己解決、心理学的にはオートクライン現象と呼ばれるものがあります。

要は、質問している間に何かに気付き、それで解決しちゃう、と言うやつです。
相手は何もしていないのにも関わらず喜ばれる、不思議な現象ですが。

真面目な話、アウトプットは非常に大事な訳ですね。
知識は使わ(流さ)ないと、知恵になりませんからね。


さて、知人からのメールの中で、面白かったメールからの出典です。

バグを発見する典型的なやり方ってありますか?

もう一つ。

KAMEプロジェクト

特にIT業界の方なら「それ分かる!」と思われる方も多いでしょう。


人は話すスピードよりも、頭の中で文章を組み立てるスピードの方が、200〜300倍ほど早いらしいです。

この事から、人は話しながら自分の話を聞きつつ、言葉を選びながら文章を組み立てる過程で、あるキーワードが引き金となって忘れていた記憶を呼び起こすのでしょう。

目標を書き出す、というのも、この辺りが狙いなのでしょう。