心の自由 解放区

NLPマスタープラクティショナー西口と、心を自由に開放する旅へ出かけましょう
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
ありがとう、ありがとう、ありがとう
ブログランキングに登録しています
より多くの人たちの心を解放できればと思い、ランキングに掲載してもらっています。
ランキングでは、西口も非常に参考としているブログが満載です!

(老舗中の老舗ランキングサイトで、登録数No.1です)

(ビジネス系ブログのランキング、強豪が多いです)

(強力な検索エンジン、集計間隔が週ごとは珍しいです)

(ジャンル設定のセンスがお気に入りです)

(まだ若いサイトですので、今後に期待!)

ブログ ランキングナビ
(総合ランキングサイト、ここの情報量は凄い)
RECOMMEND
こころのエンジンに火をつける 魔法の質問
こころのエンジンに火をつける 魔法の質問 (JUGEMレビュー »)
マツダ ミヒロ
何か困った事があれば、この本が答えを得るキッカケ与えてくれます。パワフルな1冊です!
RECOMMEND
「原因」と「結果」の法則 ベーシック版
「原因」と「結果」の法則 ベーシック版 (JUGEMレビュー »)
ジェームズ アレン, James Allen, 坂本 貢一
全ての事実は起こるべくして起こっている。そして現実とは何か。不変の法則と呼ばれるに相応しい内容です。
RECOMMEND
おりこうさん おばかさんのお金の使い方
おりこうさん おばかさんのお金の使い方 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎
非常に身近な例から、お金の本質を簡単に学ぶことができます。こういう事を学校で教えて欲しいと切に願います。
RECOMMEND
この気持ち伝えたい
この気持ち伝えたい (JUGEMレビュー »)
伊藤 守
コミュニケーションの書籍の中では、世代・性別を問わず受け入れられると断言できます。明快なのに、非常に深い。しかも絵本なのに!
RECOMMEND
きっと、よくなる!
きっと、よくなる! (JUGEMレビュー »)
本田 健
電車の中にも関わらず、泣いてしまいました。沢山の勇気と励ましと感動を与えてくれた1冊です。
RECOMMEND
こころの対話 25のルール
こころの対話 25のルール (JUGEMレビュー »)
伊藤 守
人の話を聞く、という原理原則を教えてくれました。コミュニケーションでお悩みの方は、この1冊で殆どが解決されてしまいます。
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
批判しない、アドバイスしない
先月あたりから、ずっと気になっていた自分の口癖が無くなってきました。
それは「疲れた」という言葉。
NLPの前提を取り入れると同時に、今まで持っていた自分の前提を手放す作業の中、ずっと未完了だった出来事を許す作業が続いています。

そもそも、なぜ人は他人を批判するのでしょうか?
人と人は違いがあり、それ自体が素晴らしいリソースである事は薄々理解しています。
でも、自分の考え方が正しいハズだと思い込んで、こだわり続けます。
それが手遅れになってしまうまで。

コミュニケーションのスタート地点は、人との違いを知る事です。
そして違いを埋めるための作業が会話です。
そして次に、その違いを埋めるための会話を開始する「同意」があって、言葉と感情と気持ちの交換を行います。

そして往々にして、違いを埋めるために使われるのが、自分自身の地図です。
要するに、不合理な状況を合理化する「仕組み」そのものです。
そして、その結果が導くのは悲しいかな、ほとんどが不毛なコミュニケーションなんです。
そして、その根本的な理由は、善悪論なんです。

人との違いという変え難い事実を解釈する地図が現実に変え、良い悪いのジャッジメントを下すのです。
そして自分の地図を正当化するためにアドバイスします。
まだアドバイスならマシですが、立場を利用した指示や命令に発展することは、そう少なくありません。

そして、それらが相手に受け取ってもらえないと、人は感情的になります。
それは自分の色眼鏡を守るため、認めて欲しいために。
そのうち、人は疲れていくのです。

「なんで、それを先にしないんだ!」
「ちょっと考えれば、誰にでも分かるだろ!」
「そんな簡単な事も分からないのか!」
「当たり前の事が、なんでできないんだ!」
「そんなの常識だろ!」

人との違いを「良い悪い」で判断した結果、待っているのは、自分の地図を合理的に正当化するための思考だけです。


人の言動は、主に3つのパターンに分類されます。
ひとつは、自分自身を守るため。
ひとつは、自分自身を承認して(認めて)ほしいため。
ひとつは、愛し愛されたいため。

善悪論を持ち出して自分を自分で疲れさせるのも構いません。
ですが、その前に相手の行動は、上の3つのどのパターンかを考えてみませんか?

「彼(彼女)の一体何が、それをさせているのか?」
という質問に置き換えてみる事です。

表面的な事実や自分の解釈は脇に置いてみましょう。
そして、もう一歩踏み込むための勇気が少しでもあれば、相手の立場に立った解釈ができることでしょう。

善悪論などの二極化は相手の言動そのものが原因ではなく、それを引き起こしている自分の思考、いわゆる地図なんです。


NLPの前提で、
人はいつでも現在可能なベストを尽くしている
というものがあります。

例えば、朝寝坊したとき。
睡眠が十分であれば時間どおりに起きれたかも知れません。
また、目覚まし時計で目を覚ます事ができたかも知れません。
しかし睡眠時間が短かったなど、色んな理由で寝過ごしてしまっても、それは体が睡眠を欲していたから、かも知れません。

あと5分が、気付いたら15分になって焦った、なんてのも一緒ですね。

例えば、自分が1時間で消化できる作業でも、他の人は3時間必要かも知れません。
手を抜いていないのであれば、それは責められるべきでしょうか?
逆の立場だったら、責められると何をどう思いますか?

仮に手を抜いたとしても、手を抜くか抜かないかの葛藤があって、色んな判断材料から決断した結果だとしたら、その決断は手を抜かなかった、あるいは手を抜けなかったのではないでしょうか?


効果的な質問や立場を変えることによって、今までのような自分の地図を一方的に相手へ押し付けている間には見えなかった、新たな現実に気付く事ができるでしょう。
相手の地図を受け入れ、何を見て、聞いて、触れて、感じているのか?
そのポジションを十分に味わい体験する事ができて、初めて信頼関係が生まれます。

これが本当のコミュニケーションです。
スポンサーサイト
- | 23:56 | - | -
コメント
from: groping in the dark   2006/03/29 12:11 AM
はじめまして。
タイトルが今、自分が置かれている環境とこれから改善出来るか分からない相手と闘う為に必要な事が書かれてあり参考になりました。
from: 西口@NLPプラクティショナー   2006/03/30 12:27 AM
groping in the darkさん
コメントありがとうございます。

参考になったようで、とても嬉しく思います。
こうしたフィードバックは、書くことへのモチベーションに繋がります。

その後、教えてくださいね。(^^
from: ブランドコピー   2013/04/20 12:13 AM
ブランドコピーの専門店です。弊社にはブランドバッグ、ブランド時計、ブランド財布、ブランドサングラス、ブランドベルト等ブランドコピー品を揃えっています。弊社は2008年開業して、ずっと信用を第一にして、お客様には最高な品質と安い価格の商品を販売しています。うちのブランドコピー 品は全部本物と同じように作っています。最高な品質のです。うちの商品は全部実物撮影しております。品質の方はご信じてください。メールアドレス:brandshop8899@yahoo.co.jp
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。