心の自由 解放区

NLPマスタープラクティショナー西口と、心を自由に開放する旅へ出かけましょう
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
ありがとう、ありがとう、ありがとう
ブログランキングに登録しています
より多くの人たちの心を解放できればと思い、ランキングに掲載してもらっています。
ランキングでは、西口も非常に参考としているブログが満載です!

(老舗中の老舗ランキングサイトで、登録数No.1です)

(ビジネス系ブログのランキング、強豪が多いです)

(強力な検索エンジン、集計間隔が週ごとは珍しいです)

(ジャンル設定のセンスがお気に入りです)

(まだ若いサイトですので、今後に期待!)

ブログ ランキングナビ
(総合ランキングサイト、ここの情報量は凄い)
RECOMMEND
こころのエンジンに火をつける 魔法の質問
こころのエンジンに火をつける 魔法の質問 (JUGEMレビュー »)
マツダ ミヒロ
何か困った事があれば、この本が答えを得るキッカケ与えてくれます。パワフルな1冊です!
RECOMMEND
「原因」と「結果」の法則 ベーシック版
「原因」と「結果」の法則 ベーシック版 (JUGEMレビュー »)
ジェームズ アレン, James Allen, 坂本 貢一
全ての事実は起こるべくして起こっている。そして現実とは何か。不変の法則と呼ばれるに相応しい内容です。
RECOMMEND
おりこうさん おばかさんのお金の使い方
おりこうさん おばかさんのお金の使い方 (JUGEMレビュー »)
板倉 雄一郎
非常に身近な例から、お金の本質を簡単に学ぶことができます。こういう事を学校で教えて欲しいと切に願います。
RECOMMEND
この気持ち伝えたい
この気持ち伝えたい (JUGEMレビュー »)
伊藤 守
コミュニケーションの書籍の中では、世代・性別を問わず受け入れられると断言できます。明快なのに、非常に深い。しかも絵本なのに!
RECOMMEND
きっと、よくなる!
きっと、よくなる! (JUGEMレビュー »)
本田 健
電車の中にも関わらず、泣いてしまいました。沢山の勇気と励ましと感動を与えてくれた1冊です。
RECOMMEND
こころの対話 25のルール
こころの対話 25のルール (JUGEMレビュー »)
伊藤 守
人の話を聞く、という原理原則を教えてくれました。コミュニケーションでお悩みの方は、この1冊で殆どが解決されてしまいます。
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
全ての答えはその人の内側にある
自己解決という言葉があります。
簡単に言うと、相談を持ちかけた相手が話している間に、自分で何かに気が付いて解決する事です。

これをオートクライン現象と言います。

では、なぜこのような事が起きるのでしょうか?


人は話す速さの、およそ30〜50倍の速さで思考します。
つまり、次に何を言うか、そして自分が何を言っているのかという思考が働きます。

で、特に重要なのが後者なんです。
これは情報の整理が思考の中で起こるからです。
その結果として得られるもの、それは最終的にビジョンへと落ち着きます。

ここで厄介な事が起きます。
それは、情報の削除です。

例えば、会話の中で主語や目的語、形容詞が削除されてしまう事は、誰でもご経験されていると思います。
これは、その人が持つ地図に多大なる影響を受けている結果と言えます。
逆に言うと、それが起きている場合、相手は嘘を言っていません。
この傾向は、相手が削除した情報を自ら補完しているような場合は、より強くなります。

NLPの基本スキルであるペーシングでは、この削除された情報を引き出し、ビジョンを共有するスキルとしても利用されます。


話が脱線したので、元に戻しますね。

思考をアウトプットをする際、書き物をするなら目から、話をするなら耳から、それぞれ刺激を受ける訳です。
人間は見たり聞いたり感じたりといった感覚を通した刺激に対して、反応を起こします。
それは何も受動的な刺激だけではなく、能動的な、つまり発信者としての役割と同時に、受信者の役割も担う訳です。

反応は、言語に置き換えられる場合もあれば、抽象的な感じとして処理される場合もあります。
その反応を引き起こすのは他でもない、地図そのものなんです。

こう考えていくと、既に答えは全て相手の中にあるんです。

アウトプットの段階で情報が整理され、外的刺激として変換された情報が再処理される過程で、更に内的な反応が引き起こされます。
そして一連の反応が、アウトプットする際の情報を更に洗練させるという、善循環の相乗効果が起こります。

聞く側は、ただ相手のビジョンを明確に、そして膨らましてあげる事ができれば、それで十分だと思います。
そしてそれを、見て、聞いて、触れて、感じて、味わう事ができるまで共有できれば、相手の話を聞くという仕事は終わります。
ここまで来れば、アドバイスなんて、もっての他ですよね。

なぜなら、大なり小なりの素晴らしい気付きが起こっているからなんです。
スポンサーサイト
- | 00:30 | - | -
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。